商品メニュー

作り手のものがたり

東屋

伊賀の土と釉薬にこだわる耕房窯

室町時代に茶の湯の広まりとともに発展した伊賀焼。
江戸時代に伊賀の土をいかした日用雑器がつくられるようになり、
現在の伊賀焼の基礎がつくられたと言われています。
伊賀はその昔、琵琶湖の湖底だったため、
その土には木やプランクトンなどの有機物質が多く含まれています。
それらが焼成するときに燃えると、小さな空洞が無数にできるので、
保温効果が高く、伊賀焼は土鍋には最適だといわれているのです。
伊賀市の山奥にある耕房窯は、伊賀の土にこだわる柴本耕志さんが、
土づくりから出荷まで、すべてひとりで行っている工房。
粗い伊賀の土を長年扱う柴本さんの指は、指紋がすり減ってつるんとしているそうです。
伊賀の土と釉薬を使い、ろくろでひとつひとつ引いた、こだわりのものづくりです。

東屋 ご飯茶碗(小)黒飴

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

伊賀の土のざらっとした
表情を楽しむ茶碗
三重

商品名:
東屋 ご飯茶碗(小)黒飴

価格:
2,808 円(税込)

送料について  領収書発行について

獲得ポイント: 28 pt
お申し込み番号:
000C-269
商品内容 ●サイズ(約):直径12.5×高さ5.5cm
●材質:陶器
●日本製
●ハコサイズ(約):19×15×11cm
※本商品は手作りのため、お届けまで30日程お時間をいただく場合がございますのでご了承ください。

2個以上ご購入の場合はお届け先が1ヵ所なら、1個分の送料でお届けします。

日本各地の職人と丁寧なものづくりを手がける東屋のご飯茶碗。伊賀の土と釉薬を用い、ろくろでひとつひとつ引くというこだわりのものづくりをする耕房窯でつくっています。その昔、琵琶湖の湖底だったという伊賀の土は粗く、有機物がたくさん混じっているために、ざらっとした独特の表情を見せます。高台もよく見ると小さな穴が見られますが、これも味。照りがきれいな黒飴。やや小さめでシャープなシルエットです。
お申し込み番号:
000C-269
数量:

※ご注文にはクレジットカードおよびNP後払いがご利用いただけます。詳しくはご利用ガイドをご覧ください。

お電話でのご注文

在庫状況
○(在庫有り)
配送 常温便
ギフト対応

コロカル商店とは

「コロカル商店」は“ローカルを学ぶ・暮らす・旅する”をテーマにした
マガジンハウス発のWebマガジン「コロカル」と「リンベル」が運営するショッピングサイトです。
ご当地ならではの美味しいグルメや、地元でも人気の取り寄せスイーツ、
職人の技ならではの工芸品や調理器具、作り手のセンスが光る雑貨やインテリア、キッチン用品まで。
全国で取材をする中で出会った、編集部おすすめの通販商品などを
生産者の“良いしなを作りたい!”という思い、「つくる側のものがたり」と一緒にお届けしています。
日本各地の上質な「逸品・名品」のお取り寄せに、
また大切な人への、喜ばれるプレゼント選びにもお役立て下さい。