商品メニュー

作り手のものがたり

石孫本店

手づくりのおいしさと伝統を後世に残すために

石孫本店のある秋田県湯沢市岩崎は、清流・皆瀬川のほとりにあり、
出羽富士と呼ばれる鳥海山を望む雄勝平野の東に位置します。
出羽の国岩崎と呼ばれた頃から水質の優れた地として知られ、醸造業が栄えていました。
この地が醤油造りにも適することに着眼した初代石川孫左エ門さんが、
安政2年(1855年)に創業。
当時はまだ醤油そのものが岩崎に広まっておらず、
「たまり」が主流であったといわれています。
しかし幕末、明治と時代が移り、中央や他県からの人や文化が入ってくるにつれ、
醤油を使う習慣が定着し、石孫本店は醤油造りを軌道に乗せていきます。


もろみ蔵でじっくりと熟成される醤油

2代目が明治・大正期に建てた土蔵は、現在もそのままのかたちで残っており、
1998年に文化庁指定登録有形文化財として登録されています。
明治16年(1883年)に建造された最も古い蔵は文庫蔵として、
歴代の大福帳や雑貨等が収められています。
ほかの5つの蔵は醤油・味噌の仕込みの場として現役で使われていましたが、
東日本大震災で100年以上の歴史を持つ1号蔵が倒壊。
しかし新たな仕込み蔵として隣の蔵を改修して、醤油の仕込みが再開しています。
それぞれの土蔵の中で存在感を放っているのは、人の背よりも高い大きな木桶。
石造りの麹室の保温をする埋み火に用いる木炭や稲葉、
蒸米を冷ますときに広げる萩の枝で編んだむしろなど、木桶のみならず
ひとつひとつの道具が、醤油・味噌造りの文化や技術を伝える財産となっているのです。


麹をつくる作業も手作業で

昔ながらの醤油・味噌造りは、蔵人の経験と勘がすべての工程に必要とされます。
古来の手法にこだわることは効率的とはいえませんが、
自然の力を借りながら直接手をかけて育てたもののおいしさは、
機械には真似できません。
おいしい醤油・味噌を造るとともに、この伝統を後世に残すことも、
石孫本店にとって大切な仕事のひとつなのです。

石孫本店 醤油・味噌詰合せ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

醤油と味噌は
いつも使うからこそ
こだわりのものを
秋田

商品名:
石孫本店 醤油・味噌詰合せ

価格:
5,400 円(税込)

送料について  領収書発行について

獲得ポイント: 54 pt
お申し込み番号:
000C-170
商品内容 ●内容量:濃醇むらさき・みそたまり各1L、吟醸孫左エ門味噌800g、いしまごのみそ漬け300g

2個以上ご購入の場合はお届け先が1ヵ所なら、1個分の送料でお届けします。

醤油や味噌など使用頻度の多い調味料は、こだわって選びたいもの。仕込み水代わりに本醸造醤油を使って2年間じっくりと熟成させた「濃醇むらさき」。やわらかな香りとまろやかな甘さが特長の天然醸造味噌で、味噌汁はもちろん和え物などにもよく合う「吟醸孫左エ門味噌」。味噌の発酵・熟成中に分離するわずかな液体で、醤油と同じようにおひたしや納豆、お吸い物などにも使える「みそたまり」。天然醸造味噌に漬け込んだ、昔ながらのしょっぱさが人気の「いしまごのみそ漬け」。これら4点がうれしいセットになっています。
お申し込み番号:
000C-170
数量:

※ご注文にはクレジットカードおよびNP後払いがご利用いただけます。詳しくはご利用ガイドをご覧ください。

お電話でのご注文

在庫状況
○(在庫有り)
配送 常温便 産地直送品
ギフト対応

コロカル商店とは

「コロカル商店」は“ローカルを学ぶ・暮らす・旅する”をテーマにした
マガジンハウス発のWebマガジン「コロカル」と「リンベル」が運営するショッピングサイトです。
ご当地ならではの美味しいグルメや、地元でも人気の取り寄せスイーツ、
職人の技ならではの工芸品や調理器具、作り手のセンスが光る雑貨やインテリア、キッチン用品まで。
全国で取材をする中で出会った、編集部おすすめの通販商品などを
生産者の“良いしなを作りたい!”という思い、「つくる側のものがたり」と一緒にお届けしています。
日本各地の上質な「逸品・名品」のお取り寄せに、
また大切な人への、喜ばれるプレゼント選びにもお役立て下さい。