商品メニュー

作り手のものがたり

ゆいまーる沖縄/ノモ陶器

ひとつひとつの個性を大切にした器づくり

やちむんとは沖縄の言葉で焼き物のこと。
食器や泡盛を入れる酒器など、生活道具として
暮らしのなかで脈々と愛用されてきました。
その歴史は古く、海上貿易を盛んに行っていた琉球王朝時代に
南国諸国の陶磁器が大量に輸入されたことで、
技術や質が著しく高まったと言われています。

江戸時代に薩摩から朝鮮人の陶工を招き技法を指導、
その数十年後には各地に分散していた窯場を那覇の壺屋地区に統合して、
やちむんのルーツのひとつである「壺屋焼」が生まれます。
壷屋焼の焼き物は琉球王国随一の窯場となり、国内消費や交易に利用されました。

明治から大正時代にほかの産地の安価な焼き物が流通したことで、
壷屋焼は一旦低迷期を迎えますが、
大正の終わり頃に柳宗悦・濱田庄司らによる「民藝運動」が起こり、
沖縄の焼き物の持つ素朴さ、ひたむきな職人仕事と
鮮やかな彩色・実用性が高く評価されて再生。

沖縄本土復帰後の1972年、壷屋焼の陶工であり読谷村で作陶していた
金城次郎が沖縄県初の人間国宝に認定され、沖縄の焼き物の評価もより高まりました。
近年、民藝の再評価とともに、沖縄のやちむんの持つ素朴さに
「人間らしさ、自分らしさ」を感じる若い世代が大変多くなっています。

土づくり・釉薬づくりから人の手で行い、
火の神に祈りを捧げてから窯に火をつける、沖縄のやちむん。
スピーディかつ大量の情報や流行に翻弄されがちな現代人にとって、
いまも沖縄で続いている昔ながらの手仕事の器は、
きっと心休まるひとときを提供してくれるに違いありません。

ゆいまーる沖縄は「琉球の自立を目指す」という思いから
1988年に創業した沖縄県産品を扱う会社。
やちむんをはじめとする伝統工芸品や食品など、
沖縄や琉球のものにこだわった商品を取り扱っています。

ノモ陶器は読谷村にある工房。
この工房を営む野本周さんは、学生時代にアメリカ旅行をしていた際に、
現地に住んでいる読谷村出身の方と出会ったことがきっかけで、
20歳のとき初めて沖縄を訪れます。
そのとき、やむちんの存在を知り「これだ!」と感じたのが、
陶芸家になるきっかけでした。

野本さんは家族をとても大切にしているつくり手で、工房と住まいが同じ場所にあり、
子どもの元気な声を聞きながら日々作陶に励んでいます。
「成長とともに、そのときの自分を作品に合わせていけたらいいなと思う」
と自分らしさを大事にしている野本さん。
「手づくりなのでまったく同じものはつくれない。
ひとりひとりの人間に個性があるように、ひとつひとつの器の個性を大切にしたい」
とおっしゃる通り、野本さんの手から生まれる器は表情豊かで、
対話をするような楽しさがあります。

ノモ陶器 沖縄やちむん 緑釉 5寸皿

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オーグスヤー(緑釉)
を使ったまばゆい
美しさのやちむん
沖縄のしな

商品名:
ノモ陶器 沖縄やちむん 緑釉 5寸皿

価格:
2,160 円(税込)

送料について  領収書発行について

獲得ポイント: 21 pt
お申し込み番号:
012C-009
商品内容 ●サイズ(約):直径16×高さ3cm
●材質:陶器
●日本製
●ハコサイズ(約):20×20×6cm
※本商品は手作りのためサイズや色・風合いが異なる場合がございます。また、納期にお時間をいただく場合がございますので、予めご了承ください。

2個以上ご購入の場合はお届け先が1ヵ所なら、1個分の送料でお届けします。

つくり手の野本周さんは、沖縄の釉薬のなかでも「オーグスヤー(沖縄の緑釉)」が一番好きだそうです。その一番好きな釉薬を用い、独立してすぐに生まれた長男の名前から「蓮」のイメージを膨らませて、この器のデザインアイデアが生まれました。うっすらと光を帯びたような緑釉は、とても美しく魅力的。サイズは3種類あり、醤油皿や薬味皿などに便利な3寸、取り皿などいろいろ使える5寸、大皿料理やパスタ、カレーなどワンプレート料理にぴったりの7寸。サイズ違いで揃えるのもよし、好みのサイズを選ぶのもよし。伸びやかな意匠は気取らない毎日の器としてぴったりです。
お申し込み番号:
012C-009
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
在庫状況 ×(在庫なし)
配送 常温便
ギフト対応

コロカル商店とは

「コロカル商店」は“ローカルを学ぶ・暮らす・旅する”をテーマにした
マガジンハウス発のWebマガジン「コロカル」と「リンベル」が運営するショッピングサイトです。
ご当地ならではの美味しいグルメや、地元でも人気の取り寄せスイーツ、
職人の技ならではの工芸品や調理器具、作り手のセンスが光る雑貨やインテリア、キッチン用品まで。
全国で取材をする中で出会った、編集部おすすめの通販商品などを
生産者の“良いしなを作りたい!”という思い、「つくる側のものがたり」と一緒にお届けしています。
日本各地の上質な「逸品・名品」のお取り寄せに、
また大切な人への、喜ばれるプレゼント選びにもお役立て下さい。